「勝負レース」について

今日は、本サイトで度々触れてきた「勝負レース」について書きたいと思います。
まず前提として、本サイトではAI予想の1位~3位の馬のワイドBOXを購入した場合(=3点買い)の回収率を使って、AIの性能測定をしています。
別コラムにも書きましたが、2018~2019年の2年間の全レースでAIを回したときの回収率は84.73%になりました。
これに対し、私が独自に期待回収率が比較的高いと判定するレース(これを「勝負レース」と呼んでいます)に絞り込んで、同じようにワイドBOXを購入した場合には、回収率が91.53%までアップしました。

91.53%という数字が良いかどうかはさておき(ベタ買いなので決して悪い数字ではないと思いますが)、回収率が7ポイントほどアップしたことは事実ですので、どのように絞り込んでいるかをご紹介したいと思います。
具体的には、以下のようなレースを絞り込み(除外)の対象にしています。

  • ワイド3点買いをしたときに、1点のみのHitではトリガミになる(=3点Hitしないとプラスにならない)可能性が高いレース
  • 1点Hitでもプラスにはなるが、1~3番人気の組み合わせで期待配当が高くないレース
  • AI予想の結果から、荒れ模様の傾向が出ているレース(例:AI予想1位の数字が30%台ソコソコで、2位以下も20~30%台の馬がひしめき合っている)
  • AI予想上位の馬が明らかに過剰人気/危険な人気馬のレース(BS指数が低いことでも判定できます)
  • 障害レースは落馬など競争中止が多いので勝負レースにはしない

このように、対象レースを絞り込むことによって(実際にはもう少しロジカルにやっておりますが)、約3割くらいの残ったレースを「勝負レース」と呼称してきました。

今週から会員様向けに全レースのAI予想を配信させて頂きますが、私が「勝負レース」と判定したレースについては、一言その旨のコメントを添えさせて頂きたいと思います。ただ「勝負レース」というネーミングは少々悩んでおりまして…。上記のとおり、あくまでワイドBOXで購入する場合に回収率が改善しますよ、というものですから、例えば3連複や3連単など他の券種をメインで購入される方にとっては必ずしも「勝負レース」と言ってよいかは分かりません。
そのため、コメントの記載につきましては、「ワイドBOX勝負レース」にような表記に代えさせて頂きます。

また、全レースのAI予想配信にあたり、皆さまの予想のご参考になりそうだと考えた情報については、別途コメント記載させて頂く場合がございます。
例えば、レース傾向として「上位安泰」や「波乱含み」とか、あるいはAI予想の数字は高くなくても注目したい馬がいる場合等はコメントさせて頂きたいと思います。(最近では桜花賞のデアリングタクトがこれに当てはまりますね。AI予想は5位でしたが本命◎にしました。)
いずれにしても、皆さまの予想のセンスを邪魔しない程度に、なるべく控えめにコメントをさせて頂きたいと考えております(^^)