CBC賞(2020/7/5)

宝塚記念も終わり、本格的に夏競馬となりましたね。日曜日のメインレースはCBC賞(GⅢ)とさせて頂きます。
CBC賞は例年中京競馬場で行われているレースなのですが、京都競馬場の改修の影響(?)とやらで、今年は阪神競馬場での開催となります。過去の傾向からの予想は難しくなってしまいますね。左回りと右回りでも違いますし。
しかし!心配ご無用です。AIはあくまでも「出走各馬が阪神芝1200mの条件で走ったらどうなるか?」を予測しますので、過去の中京競馬場での傾向を参考にするわけではありません。それよりも雨が降ったりやんだりで、天候と馬場状態が読めないのが辛いです。競馬の予想だけで精一杯で、天気の予想までしてられません(><)

CBC賞のAI予想をアップします。3着以内に入る確率とBS指数を出します。BS指数は人気の盲点を表しています。高いほど人気の盲点であることを表します。

馬番出走馬3着内率BS指数BS馬
7クリノガウディー51.41%82.3 
13ミッキースピリット32.65%91.4 
4グランドロワ31.86%92.4 
11アウィルアウェイ30.26%93.8 
8ロケット28.40%65.3 
2レッドアンシェル27.67%60.9 
9タイセイアベニール24.94%44.9 
15ノーワン15.56%112.0
14ディメンシオン12.44%44.8 
16ジョイフル9.31%48.4 
3ラブカンプー8.71%71.4 
10ショウナンアンセム7.78%57.6 
6アンヴァル7.58%68.2 
5エイシンデネブ4.26%23.0 
12ダイシンバルカン4.12%63.1 
1ナインテイルズ3.06%64.5 

⑦クリノガウディーは前走の高松宮記念。降着で4着とはなりましたが1着入線した事実はあり、ここは前走くらい走れれば勝ち負けになりそうですね。ですが、同じ中京競馬場なら良かったかも知れませんが、今回は阪神競馬場。この辺りがどうなんでしょう? AI予想が抜けた1位になっているので重い印は打ちたいところですが。58kgという絶妙なハンデが効いてどうかですね。
⑪アウィルアウェイも牝馬で55.5kgと重いハンデを負わされていますが、優秀なハンディキャッパーがそれだけ実力を認めているということでしょうか?実際、勝ったときのレースは内容的に強いと感じるものがあり、ここは気になります。人気も程よい感じ(6番人気)なので、ここから狙ってみるのも面白いかも知れませんね。

総合評価として、印はこう打っておきます。

◎ ⑪アウィルアウェイ
○ ⑦クリノガウディー
▲ ⑬ミッキースピリット
△ ⑭ディメンシオン
△ ④グランドロワ
△ ⑮ノーワン

こんな風に買ってみたいかと思います。(買い目、オッズ、投入金額(P)の順で表示します。)

ワイド
 02-11 13.8-14.8 200
 04-11 21.6-22.9 200
 07-11 8.3-9.0 1,000
 11-13 16.0-17.2 600
 11-14 19.9-21.0 700
 11-15 88.4-91.5 100
 07-13 8.8-9.7 300
 07-14 10.2-11.0 300
 13-14 22.8-24.2 100
単勝
 11 10.9 2,000

以上、5,500Pです。

<あとがき> 7/8
1着③ラブカンプー13番人気・・・2着⑥アンヴァル11番人気・・・無理ですね(笑) これはどうやっても買えません。ラブカンプー復活といってよいのか…? ただ、この日の阪神競馬場の馬場は特殊で、前が止まらなかったように思えます。前日までの雨の影響でタフな馬場になると思ったのですが、雨降って地固まるとでもいいますか、むしろ馬場が引き締まって走りやすい馬場になったのでしょうか? 阪神9Rのロールオブサンダーもそうですが、逃げ馬を捕まえられないどころかどんどん引き離されてしまうような、不思議な馬場と展開でした。印を打った馬は全滅。まさか末席の⑮ノーワンが最先着になるとは思いませんでした(といっても6着ですが)。