中日新聞杯(2020/12/12)

土曜日の重賞はGⅢ・中日新聞杯です。難解なフルゲートのハンデ戦ですが、こういうレースこそ予想しがいがあります。AI予想も生かして大きく当てたいところです。

中日新聞杯の予想はプレミアム会員サイトおよびnoteにて掲載をさせて頂きますのでよろしくお願いいたします!

✅noteの記事はこちらとなります。
 https://note.com/up_dt/n/n80f38a268f91

<あとがき> 12/15
プレミアム会員サイトおよびnoteで配信させていただいた予想と結果をアップします。

【中京11R 中日新聞杯(GⅢ)】

難解なレースですが⑨ヴェロックスがAI予想1位と出ました。重賞勝ちこそありませんが昨年のクラシックで全て3着以内に入るなど、ここは高い評価を与えて当然だとは思います。前走2月の小倉大賞典は適性外のレースであったことは明らかで、いかにも飛びそうな雰囲気を醸し出していましたが、やはり飛びました。このレースを持って評価を下げる必要は全くないのですが、約10か月ぶりの実戦感覚という点では不安もあるので、対抗○にとどめておきます。
AI予想2位は⑱サトノソルタス。昨年のこのレースでは5着でしたが、今年3月の金鯱賞ではサートゥルナーリアの2着。昨年よりだいぶ成長したものと信じて本命◎とします。

総合評価として、印はこう打っておきます。

◎ ⑱サトノソルタス
○ ⑨ヴェロックス
▲ ⑥トリコロールブルー
△ ⑪グロンディオーズ
△ ③テリトーリアル
△ ⑤ギベオン

以下のとおり買ってみたいかと思います。(買い目、オッズ、投入金額(P)の順で表示します。)

ワイド
 06-09 14.2 - 15.1 300
 06-18 17.3 - 18.2 500
 09-18 11.1 - 11.8 700
 03-18 21.3 - 22.5 300
 05-18 47.2 - 48.7 200
 11-18 11.1 - 11.9 300
 13-18 131.3 - 135.2 200
 15-18 76.1 - 78.7 200
 03-09 15.9 - 17.0 300
単勝
 18 9.3 1,500

以上、4,500Pです。

<結果> 12/15追記

1着 無 ②ボッケリーニ(2人気)
2着 無 ⑭シゲルピンクダイヤ(9人気)
3着 ○ ⑨ヴェロックス(1人気)

1番人気と2番人気がキッチリ馬券に絡んだ決着でしたが、それでもなお難解なレースだった印象は拭えません。⑱サトノソルタスは結果的には大外枠が響いてしまったようですが、もうちょっとやれそうな気がしていたので残念です。⑭シゲルピンクダイヤは右回りコースのほうが良いと思っていたのですが。相変わらず買い時が難しいですね。むしろ人気薄の和田サンで買い時だったかも知れません(^^;)