大阪杯(2021/4/4)

明日はいよいよGⅠ・大阪杯ですね。グランアレグリア vs コントレイルの対決がついに実現します! まさに頂上決戦と呼ぶに相応しく、非常に楽しみな一戦であります。

大阪杯を人工知能AIで予想し、会員サイトにアップします。予想結果などは引き続きこちらのサイトにも掲載したいと思いますのでよろしくお願いいたします。noteでは重賞レースに限定して掲載いたします。

✅noteの記事はこちらとなります。
 https://note.com/up_dt/n/n0678cb2b4a47

大阪杯の予想は当日11:40前後を目途に予想をアップさせて頂きたいと思います。もちろん早めに予想が完了すればもっと早くアップしますのでよろしくお願いいたします。

<あとがき> 4/8
プレミアム会員サイトおよびnoteで配信させていただいた予想と結果をアップします。

【阪神11R 大阪杯(GⅠ)】

天気予報をずっと注視し続けた一週間でした。全てはこの大阪杯のために…!
朝の段階から降るようですと相当な大荒れになることまで想定されたのですが、11:00現在でもまだ降り始めていないようですので、もしかしたら稍重程度で収まる可能性もあるのかなと。しかし15時頃には強い雨(予報では8mm)が降るようですので、発表以上に馬場が悪くなることも考えられます。

グランアレグリア、コントレイル、サリオスのいわゆる「3強」の中でも、超絶の切れ味が武器のグランアレグリアは最も馬場の影響に左右される思います。次にサリオスでしょうか。コントレイルは3頭の中では比較的馬場の影響は少なさそうに思えます。

まず、主観ではありますが3頭の中で(というより現役馬で)最も能力が高いのはグランアレグリアだと思います。圧倒的ナンバーワンです。しかし、1600mから2000mへの距離延長、しかも切れ味を発揮しづらい雨馬場のコンディション&小回りコース、さらには決して有利とはいえない外枠・・・と条件は悪化です。これらのマイナスを跳ね返して、コントレイルとサリオスに勝ったらメチャ凄いですし、そんな場面を見てみたいですが、さすがにこの条件で勝ちまでを期待するのは酷でしょうか。

というわけで、ひとまず勝ち馬については、コントレイル vs サリオスの構図で考えておきます。コントレイルについては、1800m~2000mがベスト距離だと思いますので今回は適距離の範囲内であるとは思うのですが、1つ気になったのは調教時のコメントで福永Jが、コントレイルのスプリント能力をやたら強調していたように思うんですよね。なんか短距離のスピード型にシフトしてきているかの如く。そうなると、稍重の2000mは今のコントレイルには少し適性より長いのでしょうか? 分かりませんが、少なくても現在の単勝オッズ1.7倍は過剰ではないかと思えてしまいます。

サリオスは、距離適性について諸説あるといいますか、マイラーだとか、いや長い方がいいとか色々言われていますが、少なくてもマイラーではないと思います。前走のマイルチャンピオンSではグランアレグリアの強さばかりが目立ちましたが、サリオスとしては大外枠で位置取りが悪くなり5着どまり。力を出し切れませんでした。今回の2枠は悪くないですし、オッズ的にみて狙いやすいところなのかなと思います。

総合評価として、印はこう打っておきます。

◎ ②サリオス
○ ⑦コントレイル
▲ ⑫グランアレグリア
△ ④ブラヴァス
△ ①モズベッロ

以下のとおり買ってみたいかと思います。(買い目、オッズ、投入金額(P)の順で表示します。)

馬単
 02→07 11.6 2,000
 02→12 25.0 600
3連単
 02→07→12 28.7 800
 02→12→07 40.9 300
 02→07→01 196.5 200
 02→07→04 232.5 200
 02→07→05 230.0 200
 02→07→13 211.3 200
 12→02→07 27.9 200
 12→07→02 11.6 300
ワイド
 01-02 18.1 - 21.9 300
 02-04 20.2 - 24.4 300
 02-05 20.4 - 24.7 200
 02-13 23.1 - 28.0 200
単勝
 02 6.5 2,000

以上、8,000Pです。

<結果> 4/8追記

1着 無 ⑧レイパパレ(4人気)
2着 △ ①モズベッロ(6人気)
3着 ○ ⑦コントレイル(1人気)

イライラ~。また、出ましたね。敗戦の弁。「馬場が~(泣)」 ジョッキーだけでなく、馬券購入者もだいぶ泣かされてますね。馬場に。三冠馬までもが馬場を言い訳にしてしまうようなコンディションでは、予想は相当難しかったようです。当日は雨予報でしたので、馬場状態はもちろん、いつから雨が降り出すかを注視していたのですが、思ったよりも降り始めが遅くて、かえって悩みました。。もっと早く降り出していれば、重か不良馬場のグチャグチャ馬場を想定していたと思いますが、雨がなかなか降らないので馬場がどこまで悪化するかが全然読めませんでした。しかも先週の毎日杯ではレコードが出た馬場ですから、雨の影響が少ないと高速馬場まであったわけで。私はメインレースはお昼までに予想を終えて馬券を買ってしまいますので、馬場はそれほど悪化しない「稍重」に決め打ちしてしまいましたが、結果は「重」で、しかも思いのほかタフな馬場でしたので、モロに適性が出てしまいましたね。。グランアレグリア、コントレイル、サリオスの「3強」は多かれ少なかれ重馬場はマイナスなので、苦しい競馬になってしまいました。勝ったレイパパレは強かったですが、重馬場適性が異常に高かったということもあると思います。もっとも、レイパパレがこんなに重馬場に強いなんて、レース前は全く想像できませんでしたが(^^;)